【お客様の声】気になっていた悩みが消えて肌がキレイに見えました!

スポンサードリンク


ご訪問ありがとうございます。

今回はメイクレッスン名古屋教室にて1日入門メイクレッスンにご参加くださったS様の体験談をご紹介させていただきます。
担当講師はメイクアンリミテッド専属講師のYURI先生です。

【S様のメイクレッスン前のお悩み・・】

自分に合うメイクが分からなくて、顔がよく赤くなるのが悩みでした。また汗をかきやすくて夏はメイクがすぐ取れてしまうんです・・


S様の末っ子さんが大学生になり子育てが一段落し、ご
自分を振り返ってみたようです。S様は、これからの人生を考えたとき、色んな事に挑戦したいが、自分に自信がないので、メイクの力で少し背中を押してもらいテンションをあげる手段になるのではと考えていました。

お仕事も頑張っていきたいので、メイクでも仕事できる人モードにしていきたい。今後の人生を明るく積極的にするため、プロからメイクを習いたいと思い、メイクアンリミテッドのメイクレッスンをご希望されました。

今まで、人からメイクを習うという機会もなく、一般的なメイク道具も持っていなかったということで、ゼロから教えて頂きたいというお気持ちをお持ちでした。何が自分の肌に合った化粧品か分からないまま、ずっと同じ化粧品を使っているので、自分に合った化粧品も新調したいので教えてほしいというご要望もお持ちでした。特に眉メイクは左右非対称になってしまうがどのようにすればいいのか分からないというお悩みでした。

まず最初にカウンセリングさせて頂き、顔が火照ってすぐ赤くなるお悩みを聞き確認したところ、以下の状態であることが分かりました。

①皮膚が薄くて毛細血管が浮き出やすい肌質。
②キメが細かく毛穴などは見られなくキレイだが、乾燥しやすく肌バリアが不安定になりやすい。

このような状態を目立たなくするメイクの方法を一からお教え致しました。

 

お客様の声をいただきました!

【S様のお写真】ご協力いただきありがとうございます♪

いろいろと挑戦してみたくなるメイクレッスンでした!

Q1. 当教室をご利用いただく前に、どんなことで悩んでいましたか?
メイクをちゃんと習ったことがない。自分に似合うメイクが分からない。顔がすぐに赤くなってしまう。汗などですぐ崩れてしまう。

Q2. メイクの悩みを解決するために、今までどんな対策をしてきましたか?
忙しいのを言い訳に対策をしてこなかった。自分を磨いてこなかった。

Q3. メイクレッスンでどんな「心境の変化・実際の変化」がありましたか?
いろいろと挑戦してみようと思った。有意義な時間を過ごせて満足です!楽しかったです。

Q4.特に何が一番学びになりましたか?
筆の使い方、眉の描き方、リップの描き方です。頑張って早起きして練習します!

【S様の横顔のアフター写真】

メイク講師よりご提案した、メイクレッスンのポイント

ベースメイクのポイント

【ベースメイク】
メイクレッスン前に、洗顔方法を見直しをしました。まずポイントメイクを落としてから全体を洗顔して頂くようお教えしました。洗顔もゴシゴシ力が入っていたので、摩擦がおきないように、泡で優しく洗って頂くようお伝えしました。元々皮膚も薄い肌質の場合は特に注意が必要です。次に、化粧水をたっぷり・乳液などで肌バリアをして基礎を整えていきます。

ご自身の化粧下地を全体に塗った後、顔に赤味が出ている頬・おでこを中心にコンシーラーでカバーしました。
よく、赤味を消す=グリーンコンシーラーがいいといいますが、グリーンはその時に赤味消えても、赤×グリーンのような補色の関係で赤を打ち消しますが、反対に濁りやすく時間が経つと肌くすみしやすく見えるという難点があります!

S様の気になっている赤味がメイク前スッピンでは薄く感じられる程度・火照って顔全体が赤くなるという原因でしたので、グリーンに近いイエロー系コンシーラー程度で対応できました。 数回に分けて指でトントンと軽く叩き込み少しずつ重ねていきます。 ご自身のBBクリームが薄付きでカバーしきれない時は、もう少しカバー力のあるリキッドファンデの方が火照ってきた時の対応ができます。

柔らかいブラシ使いで肌に負担なく、フェースラインに向かって薄く伸ばしていきナチュラルさも保てます。塗り方も、化粧下地やファンデを塗る時にも洗顔同様肌に力を入れすぎて摩擦がおきて負担をかけていましたので、とにかく優しく力が入らないようお伝えしました。

力や摩擦によって肌に負担をかけてしまい、薄い肌の毛細血管を傷つけてしまったり、シミの原因になることもあるので、気を付けて塗るのがポイントです!仕上がった肌を見て、『気になる赤味も消えたし、厚い感じもせず肌がキレイに見える♪』と鏡を覗きこんでみえました。

パールハイライトで目の下の影を少しでも気にならないように飛ばしてカバー。シミ茶クマや血管青クマと違い、くぼみ・たるみによる影は沢山塗っても効果が表れないので、光を纏ったり、他のポイントメイクの方に目線がいき、結果、中和されるようアドバイスさせて頂きました。

アイメイク・眉メイクのポイント

【眉・アイメイク】
眉が左右非対称になってしまう…元々左側眉が細くカーブが強いので、右眉に合わせていきました。カーブの強い眉下を描きたしなだらかなアーチ眉をご提案しました。汗をかきやすく化粧落ちしやすいとの事でしたので、眉尻の毛が生えていない所は、ライナーペンシルで毛を一本一本描き足し、消えにくい対策をしました。眉…黒目の上が一番濃くなるよう描く事で、自然で目が生き生きして見えるようになります。眉と目は一対なのです!

アイメイクは、今まで使っていたアイシャドウを使い、眉同様目が生き生きするメイクテクニックをご紹介しました。ご自身でビューラーを使ってもなかなか睫毛が上がらないとおっしゃっていたので確認をしたところ、S様の目は丸みがありましたが、使っていらしたビューラーがカーブが弱かったので目にフィットしにくく上がりずらかったのが分かりました。

目の丸みに合いそうなビューラーを使いカールをつけるポイントをアドバイスしながら何度もご自身でレッスンしてもらいました。今までのよりもフィットしやすく上げやすかった♪とお声を頂き良かったです。

プロのようにテクニックがあれば、対応しきれる事かもしれませんが、使いやすい道具・自分に合った道具を使うこともメイクが上手になる1つだと思います。アイライナー・マスカラをして目元をハッキリさせつつ、ブラウン系を使い優しげに明るい印象に←S様の瞳はとても明るい黒目でしたのでブラック系だと強すぎてしまうので今回はブラウン系でアドバイスさせて頂きました。

チーク・リップメイクのポイント

【チーク・リップ】
カラーコーディネートはイエベ・春でした。ベースは活かしつつ、S様の思いを大切に、お仕事ができる人モードにしていきたい・今後の人生を明るく積極的になり、気持ちが前に向かうよう明るいリップ・笑顔や表情が活きるチークを♪アドバイスさせて頂きました。

今まではチークはしていなかったそうで、リップも深い赤系リップでシャープな感じでしたので、明るいピンク系リップ・チークを。 チークをのせる時のポイントは、鏡の前で笑顔や表情を作りながらチークポイントからブラシを動かしていくと、自然とその方のお顔に合った・笑顔や表情を更に引き立てるチークが簡単にのせれます。メイクをする時は無表情や固まった表情のままでしないで、笑顔や自分がなりたいイメージの表情を作りながらメイクしていきましょう!S様も表情も華やかになり良かったです。

 

S様、アンケートにご協力頂き、本当にありがとうございました!

 

メイクの悩みだけでなく、子育てが一段落し今後の人生を明るく積極的にするためにも、自身を振り返りこれから色んな挑戦をしたいと、メイクレッスンをまず選んで来られたS様。

そういう気持ちを持って実際に行動されていて凄いなぁと!そして、そのお手伝いがメイクを通してさせて頂け、私も教えてもらった気分でした。

いつも自分のメイクに厳しかったお嬢様が、今留学中なのですが、居ない間に、明日から頑張って早起きして練習して、お嬢様が『帰国した時にはビックリさせるつもりです♫』とその瞬間が見たいな!と思いました!

サプライズ成功するよう応援しています^o^

 

メイクを全くしたことがない方こそレッスンが一番の近道です!

メイクレッスンの詳しい内容はこちらです。

メイクはあなたが感じているよりも、とっもシンプルで
難しく考えすぎてしまっているので、メイクの楽しさを
一緒に
お勉強できたらうれしいです。

大倉山メイクレッスン

お時間やお住まいの場所の関係で、メイクレッスンに
通えない方のためには、好きな時間・好きな場所で
苦手な部分を何でもメイクの練習ができる!

30代・40代からはじめるメイクの基礎入門通信講座
でもこの部分を詳しく解説しているのでおすすめしています。

message

色んなコスメを買って眉を描くのが苦手だった生徒様も、
『動画を見て練習しただけなのに眉がうまく描けました!』
という喜びの声がたくさん届いています。

一緒にあなたのお顔に合った眉の描き方をマスターして、
マイナス10歳目指しませんか?

東京 メイクレッスン教室 メイクアンリミテッド
生徒様の声&お写真/ はじめての方へ /
よくある質問 /
 品川教室

お問い合わせ
TEL:03-6263-0235
Mail:info@make-unlimited.com
(メール・ご質問は24時間受付しております)

Similar Posts:


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

◆◇40代からのメイク動画◇◆

このページの先頭へ