Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
60代のメイク

60代以上からの時短若見えメイク方法

60代以上からの時短若見えメイク方法

60代以上の若見えメイク方法をご紹介する、メイクアンリミテッドの代表メイク講師SHUNです。

バッチリお化粧ではなく、『ちょっとそこまでお出かけ』から『旅行や行事で携帯で写真撮影したい』60代以上のお客様に、自分の手でメイクを簡単にできる方法をご紹介しています。たくさんの道具や化粧品は使いたくないけれど、簡単な若見えメイクを基礎で習いたいというお客様が増えております。

メイクレッスンは特別に難しいことはせず、お悩みを伺いながら解決するためのワンポイントメイクによって自然に印象が変わっく過程を喜んでくださいます。メイクを教えるプロとしての自負はありますが、お客様ができないメイクはしないことにこだわりがあります!

いつの間にかお化粧をしなくなってしまったお客様が、少しでもメイクの楽しさを知って頂き、毎日を笑顔に過ごしていただきたいという気持ちでメイクを教えています。今回は、60代以上のお客様でメイクに注意するポイントについてご紹介させていただきます。

【このような方におすすめです】
■自分の気分を上げたい
■携帯で自分を撮る機会が増えた
■自然で肌を若々しく見せる方法が知りたい
■簡単にできるメイク方法を知りたい
■厚塗り感のあるメイクをやめたい

SHUN

60代以上の女性の若見えメイクのポイント

①メイクの80%は肌作りで決まります!

まず加齢により、肌質が乾燥しやすくなりますので、保湿力が高いメイク下地を使用します。スキンケアはもちろんですが、メイクにも十分な保湿をしましょう。

【必要なアイテム】
①肌のシミを艶で目立たなくする肌色補正下地
②シワを目立たなくする部分下地

お手軽に使えるメジャーな商品ですと資生堂のプリオールの美ツヤBBジェルクリームです。ちなみにドラッグストアでも購入できます。(色は4色展開です)通常BBクリームは油分が多くて、乾燥しやすい化粧品なので、単体での利用は個人的にはおすすめしていないのですが、こちらの商品は単体利用でも比較的保湿力・カバー・ツヤもしっかり出ます。価格も驚くほど手頃です。

上記の商品のように、リキッドやクリームファンデーションも付けるとヨレてきやすくなる為、BB下地単体でしっかり肌の状態を保湿できるものを選ぶのが、結果時短になり、簡単に若々しく見せる肌になれるポイントです。ちなみにBBクリームとかCCクリームとかありますが、これには明確な違いがありますので選ぶ際にご注意下さいね。

BBクリームはファンデーションに近い油分を含んでいるので、最小限にベースメイクをするのならBBクリームがお勧めです。CCクリームは保湿や肌色補正・くすみ防止効果が高いので、普段ファンデーションを使う方は、ファンデーションの前につける保湿下地として利用をおすすめしています。

BBクリームとCCクリームの違い

はじめての方のために特徴と使い方について解説します。『どちらを買ったらよいのかわからない』という時の目安にしていただけたら嬉しいです。

【BBクリーム】
■ファンデーション効果
■化粧下地効果
■日焼け止め効果
■カバー力高め
油分多め(水分少なめ)
■お粉を仕上げに使うのが基本

【CCクリーム】
■肌色補正効果
■化粧下地効果
■保湿効果高め
■軽い付け心地
水分が多め(油分少なめ)
■カバー力低め
■リキッドファンデーションを仕上げに使うのが基本

とにかく簡単が良い方はクッションファンデーション

年齢により濃く目立つシミを簡単に目立たなくなって手が汚れないファンデーションはこちらの記事で紹介していますが、デメリットはカバー力高い=厚塗り感が出てしまう点です。

店頭で販売されているミシャに代表されるクッションファンデーションも高保湿タイプが増えていますが、年代が40代位までの対象の品質のものが多いです。銀座ステファニーのクッションファンデーションは60代以上向けです。

クッションファンデーションの仕上がりは一般的に以下のような感じです。メリットとデメリットがありますが、リキッドよりも手軽・時短になる点ではおすすめです。

◎リキッドよりも手軽に塗れる(時短になる)
△薄付き過ぎる(一般的クッションファンデーション)
×厚塗り感有(大人向けクッションファンデーション)

年代に合わせたファンデーションを使うことで、メイクのお悩みが軽くなるのでおすすめします。

cosme2

②ファンデーションはブラシでやさしく撫でましょう!

リキッドファンデーションブラシを使用すると、加齢により毛穴や皮膚が下がっていても、肌にファンデーションをしっかり密着させることができます。指先や手のひら全体を使ってファンデーションをのせたりすると、どうしても厚塗り感が出てしまい、化粧崩れはもちろんですが、老けた印象に見えてしまいます。

僕が普段からお客様にご紹介しているファンデーションブラシは以下になります。形状が歯ブラシのような形をしているShobi ツヤ肌ファンデーションブラシです。価格も1000円程度です。(下記画像の左側の形状に近いです。掲載画像はartisというブランドで、7000円位のとても高価なブラシですが、個人的には上記のブラシでも使用感に大きな差はないと感じています。

その後、透明タイプのルースパウダーをフェイスブラシにふくませて、肌の上を転がすようにつけていきます。表記にはトランスルーセントと記載があるのをチェックしましょう。

ただし濃いシミを隠したい時は、コンシーラーを指でちょんと置いたらスポンジで、シミの周りと肌の境目部分を、余分な油分を抑えるようにトントン馴染ませた方が、カバー力がアップします(重ねすぎは老け感がでるので分量に注意しましょう)詳しくは③へ。

③コンシーラーはリキッドタイプを選ぶ

目元の周りは皮膚がとても柔らかくなっているので、硬めのコンシーラーは不向きです。リキッドコンシーラーは完全にカバーする力は弱いですが、伸縮性がありツヤでお悩みを目立たなくする効果があります。

つける時には肌をひっぱったり、抑えてメイクをするのはNGです。その代わり、大きめのスポンジを使いながら、赤ちゃんの肌に触れる位の力加減でスタンプを押すように優しく押えると、キレイにコンシーラーを馴染ませることができます。

ザ・セムのコンシーラーは500円なので、コンシーラーをはじめて使う方でも挑戦しやすいのでおすすめですが、かなりのカバー力なので、コンシーラーブラシ使用をおすすめしています。

▼ザ・セム コンシーラー02(標準色)▼

▼エトヴォス コンシーラーブラシ▼

④眉とリップラインは必ずつけましょう!

顔の印象の8割を決める眉です。眉毛のスキマをしっかり埋めるだけでお顔の印象が引き締まり、表情がとても優しく、豊かに見えます。

また、リップは深みのあるローズ系・レッド系のリップラインをしっかり入れて、唇の色よりも1トーン赤味が強いリップを選ぶと、口だけ浮いていることは起こりません。

40代50代からのおすすめリップの記事

まだまだテクニックはあるのですが、シンプルで時間をかけず、60代以上の女性を素敵に輝かせるポイントをご紹介させていただきました。普段のメイクのヒントとしてお役に立てたら嬉しいです。

メイクのお悩みはお任せ下さい!

30代40代50代からはじめてメイク化粧の仕方を習いたい方、自己流メイクを見直したい方、他のメイクレッスンを受講しても納得がいかずにお悩みの方のためのメイクレッスンを詳しく知りたい方は下記をクリック!

【メイクアンリミテッドのメイク教室】
■メイクレッスン東京教室はこちら
■メイクレッスン大阪教室はこちら
■メイクレッスン名古屋教室はこちら
■メイクレッスン札幌教室はこちら
■メイクレッスン金沢教室はこちら
■メイクレッスン西東京教室はこちら
■メイクレッスン横浜教室はこちら

メイクアンリミテッドのメイク講師は全員『メイクは難しくて自信がない』というお客様の声をゼロにする努力をし続けることで、『これならメイクができそう』に変えて見せます!時代遅れのメイク方法ではなく、メイクの基本に基づいた理論を軸にしながらも、最新のトレンドやお客様に合った化粧品を、メイク初心者でも取り入れやすい方法を丁寧に分かりやすくマンツーマンで個別指導致します。

メイクが苦手なこと、メイクを今までしてこなかったことは、全く恥ずかしいことではありません!お客様のペースでじっくりと相談できるメイクアンリミテッドのメイクレッスンで、メイクの気になるお悩みを1日でも早く解決して、自信が持てる自分になりませんか?

メイクレッスン教室ならメイクアンリミテッド
 
生徒様の声&お写真/ はじめての方へ /
よくある質問 /
東京本社/ 渋谷教室

大阪教室 / 名古屋教室 / 札幌教室
横浜教室 / 西東京教室 / 金沢教室

【運営会社】
株式会社メイクアンリミテッド(HP
〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26-1
セルリアンタワー15階

TEL
03-6263-0235
Mail info@make-unlimited.com
(メール・ご質問は24時間受付しております)