Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
はじめての方へ

メイクレッスン教室で笑顔になれる理由と想い

30代40代からのメイクレッスン教室 メイクアンリミテッド

東京・大阪・名古屋・札幌・金沢でメイクレッスンを運営しているメイクアンリミテッド代表講師のSHUNです。メイクレッスンにお越しになるお客様から聞かれる質問で一番多い、私がメイクレッスン教室を立ち上げた理由についてにご説明させていただきます。

当メイクレッスン教室のコンセプトは『メイクは難しい』から『これならできる』にするメイク教室です。

event

弊社のメイクレッスンは決まったカリキュラムではなく、お客様のご要望・技量・化粧品にかけられるご予算に合わせて最適な化粧品を選定し、お客様が再現可能な内容に絞り個人指導をしています。こちらの記事では、僕がメイク教室を立上げた理由について、皆様に知って頂けたらと思います。

現在は、スクール6年目現在は多くの方の支えのおかげで、TV出演、化粧品開発、美容教育事業、中国教室等の分野でも活動はしています。

今では約60名のプロのメイク講師を抱える会社の代表をしているのですが、経営だけに集中せずに、現場のメイク講師として、一人ひとりの生徒様向けにメイクレッスンやメイク講師育成をし続ける3つの理由があります。

僕が個人メイクレッスンを続ける3つの理由

お客様自身の手でメイクをする楽しさを知ってほしい

女性にとって、いくつになってもキレイでいたいのは、永遠のテーマだと思います。ですが、たくさんの情報や化粧品がある中で、どんな化粧品が合っていて、どんなメイクが似合うのか誰も教えてくれません。個人的には、今の美容雑誌はお客様目線とはほど遠いと感じています。

多くのお客様は『何度もトライしたけど、もう無理』と諦めてしまい、本来持っているお客様の魅力を知らずにメイクをすることすらしなくなり、人生を終えるようなもったいないことをしてほしくないと切に願っています。

メイクはスキンケアと違い、たった数分で結果がでます。メイクを楽しめるようになれば、オシャレも楽しくなりライフスタイルが輝くことを知って頂きたいのです。

color-pro-group8

生徒様ひとり一人の人生を心から応援にしたい

生徒様一人ひとりのメイクの上達だけでなく、生徒様がメイクレッスンにお越しになる前と受講中、受講後の気持ちの変化も最も大切にしています。当メイクレッスン教室では『自信がもてる自分になる方法』を生徒様と一緒に考えて、レッスンを進めています。感覚や根拠のない理論は一切取り入れず、悩みの原因と理論的に解決する方法を一緒に考え、数えきれないメソッドの中から最適なメイク方法をお教えしています。

☑どんなことをがきっかけでメイクを習いたいのか?
☑どんな悩みがあってメイクを習いたいのか?
☑メイクで何を解決したいのか?
☑自分に似合うメイクが分かったらどうなりたいのか?
☑メイクで自信がついたら何に挑戦したいのか?

を詳しく聞くので、レッスン前に具体的に形にできるよう、事前準備を欠かすことはありません。それは、メイクレッスンを越えた域になりますが、メイクを習ったあとのストーリーがとても大事と考えているからです。

大倉山メイクレッスン

お客様に喜んで頂く姿を見るのが幸せ

『メイクが難しい』と表情が暗かったお客様が、『メイクが楽しい』と晴れやかな表情を見ていると、人生をかけて苦労して開業したメイク教室をやっていて本当によかった感じます。

どんなに不器用で、覚えるのが苦手だったとしても、どうすればメイクが上手にできるようになるのか一緒に考え、お客様に合った方法を提案し、笑顔になれる過程を毎回レッスンで見ています。

レッスン後の生徒様からの喜びのメールは自分にとっては、何よりも大事な宝物ですし、毎日の原動力そのものなのです。

p9990719

メイク講師SHUNがメイクの仕事を始めた理由

普段メイクをしない男性の僕自身が、なぜメイクを教えることに興味を持ち、化粧品業界で様々な経験を積んで、メイク教室を開講しているのか、僕自身のことについて説明をさせて頂きたいと思います。

メイクの仕事につくまでの道のり

メイクに出会うまでの少年時代

私は幼少から少年時代、人見知りが激しく、おとなしい子供でした。一言で言えば人に言いたいことが言えずに我慢するような『内気・消極的・典型的ないじめられっ子』でした。両親の勧めで水泳・サッカーをやっていましたが、その場でもよくいじめられて、常に自分に自信がなく、何も言い返えしたりやりかえしたりできず、良く泣かせれてました(笑)

そんな僕でも、不登校にならずに最後まで学校に通えたのは、「大好きな絵を描くことやモノを作ること」や「大好きな動物の飼育係の仕事」だけでした。動物は話しかけてくれたりしませんでしたが、気持ちが通じているんじゃないかと勘違いし、よくブツブツ話しかけている本当に暗い少年でした。

当然友達もほとんどできず、修学旅行では一緒にグループになってくれる人もいなくて孤立していてました。そんな目立たない存在の暗い少年でしたが、漠然とした自分の夢がありました。僕が悩みを誰にも打ち明けられなかった時に感じたことです。

『何かで人の痛みを分かる大人になろう』
『何かで人に役立つ人になろう』
『自分がしてほしいことを他の人にしょう』

でも、それをどのように形するのか分からず月日が経ち、猛勉強した大学受験では志望大学は全滅し、滑り止めの大学に入学。『努力しても認めてもらえない社会や将来なんてどうでもいい』とサークル活動や遊びに明け暮れて、両親を散々悲しませてきたダメ大学生でした。

しかしながら、そんな僕に3年生の時に僕の人生のターニングポイントがありました。

老人ホームで出会ったある女性との出会い

それは大学3年の時、大好きな祖母の突然の入院に大きなショックを受けました。高校時代まで、本当に気持ちが通い合う友達がいなかった僕にとって祖母は一番の自分の理解者でした。そんな祖母に恩返しができないまま危篤になってしまった時、僕は何もすることができず、結果亡くなってしまうという悲しい経験をし、今までの自分の生き方に非常に後悔をするようになりました。

そんな時、偶然あるご縁で出会ったが「メイクのボランティア」でした。当時は当然、メイクのことなど、さっぱり分かりませんし、興味すらありませんでした。ただ、自分の祖母に重ねながら、見よう見まねで80代後半のおばあさんに赤い口紅を塗るだけのことでしたが、無表情で元気のないおばあさんが笑顔になり、今まで見せたことのない位元気になりました。

その時に『メイクの仕事を通して、人に役立つ自分になりたい』と強く思い、昼夜アルバイト(宅配便・バーテンダー)で貯めた資金と持っている全財産を手放し、約200万円かけて大学に通いながらメイクスクールに入学し、基礎からメイクを徹底的に学ぶことにしました。

大学生になってもからも、世の中から自分は必要とされていないと感じていましたが、メイクを通して人を元気にして自分が必要とされ、感謝されることが本当に嬉しかったのです。

メイクのお仕事をスタート

メイクスクール在学中はヘアメイクのアシスタントをしました。しかし、ハードスケジュールと無給での勤務でアルバイト先にクビになった結果生活が厳しくなり、安定した収入が得られる化粧品会社を中心に就職活動をはじめました。

しかし、当時は男性・化粧品販売接客未経験者の僕には、メイクの仕事ができるチャンスもなく、就職を斡旋すると言ってくれて信じていたメイクスクールにも見放され、世の中にメイク業界で働く男性向けの求人は全くありませんでした。

ヘアメイク業界は経験者しか採用していない会社が多く、僕のような未経験者は丁寧に工夫して送った応募書類をどんなに送っても相手にしてもらえませんでした。

当時は『奥様改造計画』という企画がテレビで流行っていて、化粧品会社のメイクアップアーティストは花形のお仕事でした。『僕もあんな風にキラキラしたアーティストになりたい!』思っていたものの、現実は厳しく不採用通知の嵐。

『これでだめなら一般の仕事に就職しよう』という覚悟で各化粧品会社に片っ端から履歴書を送り、ようやく掴んだ1社(エスティーローダー株式会社)にご縁があり、メイクアップアーティストではなく、美容部員として入社し、社会人人生をスタートしました。

夢と現実の違いを思い知った美容部員時代

当時化粧品会社は百貨店での接客経験を重視していたものの、自分自身未経験だった中で、接客の難しさを実感しながら下積みを経験しました。売上目標があったものの、全く達成もできず上司や先輩からは毎日のようにノルマ未達を指摘され、自分に自信を無くしてしまったこともありました。

毎日ネズミが走り回る化粧品倉庫にこもり、販促品の整理の仕事で接客やメイクをすることもあまりできず、自分が理想としていた仕事とはほど遠いものでした。それでも昔からの憧れのメイクアップアーティストになる為に、自分にできることを模索し続けた結果、一つの答えがでました。

それはお客様ノートを作り、一人一人のお客様を大切にすることでした。

ご利用いただいたお客様へのお手紙を毎日書き続けて、売上を追うことよりもお客様が喜ぶことだけを追求し、感覚でお客様でも化粧品を買わないと分かっていても、気軽にメイクの相談ができて、いつでも会えるメイクの相談ができる美容部員を目指しました。

その結果、僕自身に会いに来て下さる多くのお客様に支えられて、専属のメイクアップアーティストとしてデビューすることができたのです!

『メイクに困っているお客様の力になりたい!』という気持ちだけの為に、知識を増やし、努力を重ね続けた結果、以下のようにキャリアアップしていくことができました。

■外資化粧品ブランドのトップアーティスト
■外資系化粧品ブランドのメイクアップトレーナー
■外資系化粧品ブランドのフィールドマネージャー
■化粧品業界専門派遣会社の執行役員
■アットコスメ運営会社の取締役

もちろん上記のポジションに就くまでには、20代30代はほぼ休みなく働き、並々ならぬ努力はありましたが、それでも頑張れる自分を支えて下さったお客様のお陰だと今でも感謝をしております。

pro-make-photo2 14457431_1462647110418178_8481396200932508214_n

メイクレッスンをはじめようと思った理由

メイクレッスンは、2013年当時は今のように需要がない時代でメイク講師を仕事にすることは非現実的であり、高い年収やキャリアを捨てることに、周囲の誰もが反対をしました。

それでも僕は、化粧品ブランドの枠に捕らわれず、お客様が喜んで下さり、キレイになっていく過程を一緒に楽しむこと場所が増えるという可能性を信じ、業界ではほとんど存在しない、一般女性向けのプロのメイク講師という仕事を確立することを目指しました。

メイクの道に進むまではぼんやりとしていましたが、メイクアップアーティストを志してからは、強く思うようになりました。デパートの売り場で対応していた時、困っていたお客様に、いろんなお話をしながら問題を解決していったことが、すごく喜びとして記憶に残っています。

このまま定年まで、化粧品会社でキャリアアップする道もあったのですが、かかりつけのお医者さんのように、お客様と近い距離で、自分の技術と知識と経験を社会に還元できる仕事がしたいと強く思いました。

化粧品会社に勤務していた時に感じたのはブランドに属した社員でいる手前、化粧品を買う関係でしかお客様とつながることができないので、応援してくれたお客様に対して、転職という自分の都合だけで、関係が終わってしまうことにずっと違和感や申し訳なさを感じていました。

『それなら自分の手でお客様が心地よい環境を作ろう』と思い、2013年全くのゼロの状態でメイク教室を立ち上げることを決意しました。

GILT

最初の1年以内で貯金が底をつき、実績のない僕には周囲のサポートは全くなく多額の借金をかかえるようになり、ただ最低生活水準をセーブしながらメイクレッスン教室をスタートしました。

時にはグループメイクレッスン当日に全員ドタキャンになって参加人数ゼロの日もあり数万円の赤字に。『自分のやっていることは本当に意味があるのだろうか?』と悩んだ日々がありました。

もちろん、借金が膨れ上がる中で事業で行うことは、周囲には大反対され続けましたが、『メイクで悩んでいる女性は絶対にいる!』と確信していたのと、一度決めたことは使命のために貫き通さなければならないと思い続け、できるところからお客様に知っていただくための努力をして参りました。

その結果、2019年2月で受講者様数(法人・個人)が約3400名以上の規模となるメイクレッスン教室のパイオニア企業にまで成長することができました。

メイクレッスン

メイクレッスン教室のこだわり

化粧品会社時代は、お客様の気持ちに寄り添った化粧品を作りたいと思っていたので、フランス本社で製品開発から携わっていきたいと考えていました。

しかし、現場の方や、お客様の意見を聞いていると、自分が思うような理想を現実にすることは会社員である以上難しいと感じることが多くありました。

たくさんの悩んでいるお客様がいても、会社の指示通りの化粧品しか販売できないもどかしさが強くあることも知りました。

いろんな可能性を探っている中で『メイクを丁寧に教えることにこだわり、お客様の悩みを解決するためのメイク教室を開講したい』という想いが生まれるようになりました。

最近では、低価格で高機能なコスメが購入と考えるようになり、メイクの情報もネットやSNSで無料で手に入るようになりましたが、その商品や情報の多さゆえに逆にお客様にあった化粧品やメイク方法を迷わせてしまっていることに矛盾を感じることが多くありました。

『全く化粧の仕方が分からないけど、どこで習えばいいか分からない』
『年齢と共に肌の悩みが増えてくるのに、どう改善をしていけば良いのか分からない』

お客様は年齢を重ねれば重ねるほど、メイクする機会が遠ざかっていればいるほど、誰にも相談できない不安を持っているので、お客様の不安に共感し、真摯に向き合いながらお客様に合ったメイクの方法を教えることは、メイクアンリミテッドの使命と考えております。

guroup-make-lesson

メイクアンリミテッドのメイクレッスン教室理念

makeunlimited-%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99

30代40代50代から自信を取り戻すきっかけの場所へ

お客様に提供できる2つの価値

①メイクの力で、本来の美しさを発見し、自分に自信を取り戻す
②年齢に縛られず、自分らしいあり方を手に入れる

お客様に価値を与えるための3つの方法

①自分を知ることで、自分がどうありたいのかを理解する
②自分の長所を発見して自信を取り戻し感動を与える
③お客様が自分の手で感動を生み出せる教え方をする

メイクアンリミテッドの名前の意味

いくつになっても、美しくあり続ける為の追求に終わりはない。自分自身の限界を決めず、全ての女性が美しく輝く、キレイのお手伝いすることを挑戦し続けたい。という想いで「メイクアンリミテッド」という名前を付けました。

また、女性起業支援を通して、多くの女性が自分らしく自立し活躍できるコミュニティを作ることを目標に、子育て・介護をしながら女性が自分らしく働ける社会進出をサポートする活動も行い続けております。

メイクのお悩みはお任せ下さい!

30代40代50代からはじめてメイク化粧の仕方を習いたい方、自己流メイクを見直したい方、他のメイクレッスンを受講しても納得がいかずにお悩みの方のためのメイクレッスンを詳しく知りたい方は下記をクリック!

【メイクアンリミテッドのメイク教室】
■メイクレッスン東京教室はこちら
■メイクレッスン大阪教室はこちら
■メイクレッスン名古屋教室はこちら
■メイクレッスン札幌教室はこちら
■メイクレッスン金沢教室はこちら
■メイクレッスン西東京教室はこちら
■メイクレッスン横浜教室はこちら

メイクアンリミテッドのメイク講師は全員『メイクは難しくて自信がない』というお客様の声をゼロにする努力をし続けることで、『これならメイクができそう』に変えて見せます!時代遅れのメイク方法ではなく、メイクの基本に基づいた理論を軸にしながらも、最新のトレンドやお客様に合った化粧品を、メイク初心者でも取り入れやすい方法を丁寧に分かりやすくマンツーマンで個別指導致します。

メイクが苦手なこと、メイクを今までしてこなかったことは、全く恥ずかしいことではありません!お客様のペースでじっくりと相談できるメイクアンリミテッドのメイクレッスンで、メイクの気になるお悩みを1日でも早く解決して、自信が持てる自分になりませんか?

メイクレッスン教室ならメイクアンリミテッド
 
生徒様の声&お写真/ はじめての方へ /
よくある質問 /
東京本社/ 渋谷教室

大阪教室 / 名古屋教室 / 札幌教室
横浜教室 / 西東京教室 / 金沢教室
【運営会社】
株式会社メイクアンリミテッド(HP
〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26-1
セルリアンタワー15階

TEL
03-6263-0235
Mail info@make-unlimited.com
(メール・ご質問は24時間受付しております)