【メイクレッスン】40代50代からの基礎メイク化粧品・眉化粧品の選び方

ご訪問ありがとうございます。
メイクアンリミテッド代表講師のSHUNです。
40代以上の女性の為の化粧品を発売しました!

メイクアップアーティストSHUN

当教室は30代40代以上メイク初心者だけでなく、50代以上の生徒様にも喜ばれています。

メイクをはじめる40代50代の生徒様が増え続ける理由、それは30代の頃まで感じなかったメイクの悩みがあるというより、歳相応でも、昨日の自分よりも輝いていたいと思い、行動する前向きな女性が増えてきたということだと思います。

今回はそんな40代50代の女性に役立つ鉄板メイク技をご紹介します。

40代50代に多いお顔の悩みとは?

①目元と口元が30代の時よりもさらに下がってきた
②何となく鼻が低くなってきた感じがある
③顔の輪郭が大きくなってたるみが気になる

もちろんこのような悩みを解決するにはフェイスケアは必須ではありますが、メイクでも簡単に解決する方法があります。50代の生徒様によくご提案させていただいている方法で、実際に効果が出た方法をご紹介させていただきます。

 

鉄板メイク① 顔の輪郭のたるみを引きしめる

2016年頃から海外から火がつき、2017年現在でも話題のコントアーメイクですが、実は日本には昔から骨格補正メイクという方法があります。シェーディングと呼ばれるブラウン系のカラーとハイライトを利用して、お顔にメリハリ感を出すことでフェイスラインのリフトアップ感を作っていきます。

(1)下耳たぶの付け根の部分の下から、マットブラウン系のパウダーを大きめのチークブラシでフェイスライン~顎下に沿って入れていきます。マット系ブラウンのパウダーの選び方はとても難しいので、以下の商品がおすすめです。自然な影がキレイにでますが、つけすぎるとコントのようになるので注意が必要です。

最近レッスンでも大活躍のシェーディングパウダーです。

SHUNオススメのたるみ補正パウダー

NARS コントゥアーブラッシュ5180

色は3色発売されていて、一番失敗しにくいのは5180です。

明るい色は鼻筋・目の周り(Cゾーン)を中心に使うことで、老け顔に見えやすい目元をスッキリ明るくする効果があります。

暗い色はたるみにより出てしまった頬骨を目立たなくしたり、頬のたるみ部分に自然な影を作ってくれるので、小顔に見えます。

チーク&ハイライトとしても活用したい方には5181をおすすめしています。

 

鉄板メイク② 薄づき高カバーのファンデーションを使う

ファンデーションの厚塗り感は年齢を感じさせます。実はファンデーションの選び方よりも付ける量と付ける道具選びが最も大切なのです!

最近発売しているカバー力の高いファンデーションは薄づきでも厚みが出やすく、塗り方を間違えると逆に老けた印象に見えてしまいます。そこで薄づき高カバーのファンデーションに変えて、パール系下地+コンシーラーを以下の配分で使用します。

①下地は1(ツヤ系BBクリームも代用可能)
②ファンデーション1.5
③コンシーラー1

歳を重ねると共に皮膚が薄くなりハリが失われるので、お顔の皮膚に自然なツヤが生まれますので、あえてツヤのファンデーションを選ぶ必要はありません。実はファンデーションのツヤは人工的なツヤなので、皮脂や汗に弱いためマットなファンデーションよりも化粧崩れが起きやすいのです。

大事なのは、その自然なツヤをいかすために、ファンデーションで厚く覆わずに、トラブルがある部分のみカバーをした肌作りを目指すことで、若々しく健康的な肌が生まれるのです。

また、厚塗りを避ける為には、前回の記事でもご紹介したファンデーションブラシがお勧めです。
オススメのファンデーションは、こちらの記事を参考にしてくださいね!


鉄板メイク③ 眉毛・アイラインは足りない部分だけを描くことが大事!


老けて見えない眉メイクのコツはこちらの記事でご覧いただけます。
日経新聞記事で詳しくご覧いただけます。

眉毛間にムラがあると、お顔全体の印象がボヤけます。
目元も年齢と共に粘膜が外に出たりまつ毛が抜けてくるので、目が大きくても目元がボヤけてきます。

これを解消するために必要なアイテムは、

①芯が細くて固めのアイブロウペンシル
②固めのアイブロウパウダー2色入り
③リキッドアイライナー

眉毛も年齢と共に薄くなる為、柔らかめのペンシルだとべったり色がついて不自然な仕上がりになりがちです。
そこで、固めのペンシルを用いて1本1本書き足すようにつけていくと自然で凛とした表情に生まれ変わります。

今日から役立つ!40代50代からのアイブロウ化粧品の選び方

①ペンシルの細さ(1.5mm芯位がおすすめ)

楕円形状のペンシルはボカシ機能もあり、優しい発色ですが野暮ったい印象にもやりやすいです。
メイクが慣れるまでは細めの芯を使うと本物の毛のような自然な仕上がりになります。

②ペンシルの硬さ(手の甲に引っ掻いてみて若干色が出にくいもの)

色が濃くつくペンシルは仕上がりも不自然になります。
硬いペンシルを使っていて色がでにくいと感じている方は、眉毛を描く前にお粉をはたいてから描きましょう。

③長さ(ペンシルホルダー本体の長さと太さ)

濃く眉を描いてしまう原因はペンシルホルダーが細いと力が履いてしまい、描きムラになることがあります。ペンシルの太さが握りやすいものだと、軽い力でも本物のような眉毛を描き足すことができます。

cosme3

SHUNオススメ40代50代からのアイブロウアイテム
色は髪色が黒かったとしても、黒系のカラーで合わせるのではなく、
少し茶色がかったカラーの方が顔色が明るく見えるため、ワントーン
明るいシナモン系カラーがオススメです。ADDICTION アイブロウペンシル(01シナモン)
ADDICTION プレスドデュオアイブロウ シナモンデュオ

 

そして不自然にならないようにアイブロウパウダーを使用してしっかりラインをぼかしていきましょう。

眉の描き方(動画)はこちらの記事でご紹介しています

アイラインは、まつ毛の根本がしっかり見えるようにやさしく眉骨に指を添えてひっぱり、こちらも1本1本
書き足すようにまつ毛の隙間を埋めましょう!

アイラインの描き方はこちらの記事でご紹介しています

 

鉄板メイク④ リップライナーを使った唇補正はマストです!

口元の口角部分には影ができやすくなっているので、先程使用したコンシーラーで口角周りを明るくします。
その後、パウダーでおさえてリップラインをしっかり引きます。

お顔の表情を明るく見せるために、赤系または、ローズ系のマットなカラーを使用しましょう。
青みの強いカラーは自然な肌感が出ないため、避けましょう。

リップの描き方(動画)はこちらの記事でご紹介しています


文字で書くと、とっても難しそうに見えますが、
実際レッスンに参加していただきご自身でやってみると、ほとんどの方が驚く程、簡単にできるようになります。

『もっと早く、レッスンを受けたら良かった!』
という声が続出しているメイクレッスンにご参加下さい。

GILT

今からでも十分間に合います!

メイクには感覚ではなく、正しい理論を学ぶことが
上達への近道です。理論にこだわるメイクレッスンで
あなたの明日を変えていけたらと願っております。

「早速メイクを勉強したい」と思われているあなたへ
まずは下記のメイク講座のご参加をおすすめします。

 

メイクの仕方はプロに聞くのが一番の近道です!

 

40代50代からはじめてメイク化粧の仕方を習いたい方のための人気のメイクレッスンを詳しく知りたい方は下記をクリック!
メイクレッスン受講がお手軽になりました。

1日入門メイクレッスンの詳細はこちら

メイクはあなたが感じているよりもとても簡単です。今まで色々なメイクレッスンを受けた方でもとっもシンプルで難しく考えすぎてしまっているので、メイクの楽しさを一緒にお勉強できたらうれしいです。

大倉山メイクレッスン

お時間やお住まいの場所の関係でメイクレッスンに通えない方のためには、好きな時間・好きな場所で苦手な部分を何でもメイクの練習ができるメイク通信講座がおすすめです。

色んなコスメを買って眉を描くのが苦手だった生徒様も、『動画を見て練習しただけなのに眉がうまく描けました!』という喜びの声がたくさん届いています。

 

メイク通信講座の詳細はこちら

message


メイクレッスンでお顔の気になる悩みを1日でも早く解決して、新しい自分でスタートしてみませんか?

東京 メイクレッスン教室 メイクアンリミテッド
生徒様の声&お写真/ はじめての方へ /
よくある質問 /
本社地図/ 品川教室地図

お問い合わせ
TEL:050-3705-1490
Mail:info@make-unlimited.com
(メール・ご質問は24時間受付しております)

Similar Posts:


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

◆◇40代からのメイク動画◇◆

このページの先頭へ